SchoolReflection

学校文化を新聞や書籍、学会誌などから振り返る

かたり

「はなしにならない」<話>はありうるが

「かたりにならない」<かたり>は……元来ありえない

     坂部恵

まとまりのない<はなし>はありうるが、起承転結のまとまりのない<かたり>はありえない。そこには筋立て、つまりなまのままではない事態の捉えなおしがかならず含まれる。そして筋立てが、編まれ、構成されるものであるからには、当然そこには嘘や偽り、隠蔽が忍び込む。そう、語りは騙りでもある。哲学者の「かたり」から

             2017・4・6 朝日新聞 折々のことば

 ナラティブの「かたり」

脳科学の「心象」

 

両者とも、事実でなくとも、当事者の思いやイメージ

 

だから、それぞれを内から外へ出すことで、

捉え直しやボヤけた輪郭がはっきりしてくるものなんだろう

 

タイトルのreflectionにある 振り返りも その一つなのだろう