教育リフレクション

「教育とは何だろう」を様々なところから考えています

「わかった」から理解へ

 

より深く「わかる」ために

心理的な能力は、それぞれ異なる神経ネットワークによって支えられている。

  ・視覚や聴覚、触覚を介してモノを知覚する能力

  ・モノの交換的位置を知覚する能力

  ・言語を操る能力

  ・数を操る能力     など

 

(1)大きな脈絡と小さな脈絡の理解

 小さな脈絡が阻害されているのに、日常生活には支障がない。

  例えば、数概念という道具的能力に障害があるのに日常生活に支障がない。

 小さな脈絡はすべて保たれているのに、日常生活に支障がある。

  例えば、「花に水をやる。雨の時には傘をさす。」雨降りに水やりをする。

(2)浅い理解と深い理解

 文字列の違い(浅い理解)と意味の関連(深い理解)

  例えば、タバコとスバコの字の違いは瞬時にできる。(浅い理解)

      意味的に関連があるのか判断するには時間がかかる(深い理解)

(3)重ね合わせ的理解と発見的理解

 重ね合わせ的理解:答えが自分の中に用意できる。学校教育という教育形式が代表的なものになる。学校教育が様々なモデルを教えるのは、自分の判断の基準として人生を切り開いていくためある。

 発見的理解:答えが自分の外にしか存在しない、自分で仮説を立てて、検証して理解していく。

 重要なのは、後者の理解である。

 

「わかる」とはどういうことか―認識の脳科学 (ちくま新書)より

 

 

「わかる」ために何が必要か

わかりたいと思うのはなぜか

 我々は何にでも意味を見つけたがる。意味をつけないと落ち着かない。意味とは、わからいものをわかるようにする働きです。意識は情報収集のための装置。情報収集とは、秩序を生む心の働きです。わかるというのは、秩序を生む心の動き。秩序が生まれるとわかったという信号を出す。その記号が出ると快感や落ち着きが生まれる。

 生きるということ自体が情報収集となる。

1.記憶と知識のの網の目を作る

 わかるためには、それなりの基礎的な知識が必要になる。

2.「わからない」ことに気づく

 心の異物感。自発的にわからないところをはっきりさせて、自分で解決していく。

3.すべて一緒に意識に上げる

 作業記憶。図という手段によって全体の関係が同時に意識できる。

4.行為(運動化)にする

 運動化(字を書く、自転車に乗れる)することは形をはっきりさせる。

 人に説明すると、自分の「わかった」「わからない」が見えてくる。

5.応用(知識を別の場面で使う)する

 知識の引き出しが別々になっているのは、見かけの知識だけで納得してしまい、見かけの裏に潜む共通の原理までわかっていないから。

別々の記憶と知識を(応用)つなげていくと見えてくるもの(わかった)がある。

 

「わかる」とはどういうことか―認識の脳科学 (ちくま新書)より

どんな時に「わかった」と思うか

1.直感的にわかる

 「わかった」という体験は経験の一つの形式であって、事実とか真理を知るというここと必ずしも同じではない。

2.まとまるとわかる

 解きほぐされ伝えられたものを、もう一度心の中で解きほぐされる前の心象へまとめ直す。上手くまとめられると「わかった」という感情が生じる。

3.ルールを発見するとわかる

 思考という心の営みの一つの目的は、見かけの世界(知覚心象の世界)の背後にあるルールの発見しようとすること。

4.置き換えることでわかる

 ひとつの心象だけではわかるという経験は起こりません。自分の持っている何かほかの心象と置き換えられたとき「あ、そうか」とわかるのです。

 

「わかる」とはどういうことか―認識の脳科学 (ちくま新書)より

記憶がなければ「わからない」

 記憶を土台に、初めてわかるとかわからないとかいう心理的な反応(感情)が生まれる。記憶がなければそもそも反応(わかった)自体、出現しようがない。

記憶のいろいろ

◎意識に呼び出しやすい記憶

(1)出来事の記憶

   自分の身に起こる(移り変わる生活の流れ)一回一回の出来事を記憶する

(2)意味の記憶

   生活に必要な様々な概念や約束事の記憶

    ①ことがらの意味:意味記憶、記号知識として取り込まれるものすべてのもの

             何度も繰り返し経験することで少しずつ作り上げていく

             漢字、仮名、数字、社会共通

    ②関係の意味:事柄と事柄の関係がどうなっているのか。経験を重ね合わせ、

           そこから抜き出していくもの。

           関係を空間的にイメージできる能力が意味理解の土台

    ③変化の意味:共通特徴を持つ変化や動きを抜き出して、心象化して名付ける

◎意識に上りにくい記憶

 手順の記憶

  繰り返しているうちに脳が手順を抽出してくれる。

  日本語の文法は文法書で学ぶのではなく、日常の経験の中で自然と抜き出される。

 

 こうした記憶、意味記憶や手順の記憶を武器に、我々は新しい事実、新しい経験に立ち向かう態勢を整える。

 

「わかる」とはどういうことか―認識の脳科学 (ちくま新書)より

     

「わかった」というのは感情なのです。

「わかった」にもいろいろある。

1.全体像がわかる。(見当がつく)

2.整理するとわかる。(分類、まとめる)

3.筋が通るとわかる。(説明する)

4.空間関係がわかる。

5.仕組みがわかる。

ここまでは、未知のことに向き合ったとき、われわれがその未知なものとどう対処するか、あるいは、どう対処できるか。に関わるわかり方です。

6.規則が合えばわかる。

原理・原則を参照し、それに乗っ取って現象を操作し整理するやり方です。これは対処するだけではなく、対象そのものをコントールするわかり方です。

 

「わかる」とはどういうことか―認識の脳科学 (ちくま新書)より

 

思考の習慣

思考の習慣(学校を変える力:デボラ・マイヤー)

なぜそうだという事が言えるのか?       根拠の問題

誰がそう言っているのか?           視点の多様性の問題

原因は何か?                 ものごとの関係やパターンを探る

もし、状況が違えば事態はどう変わっていたか? 仮定の問題

このひとつひとつが、誰にとって重要か?    このひとつひとつが、なぜ重要か?

 

才能を引き出す方法  (才能を引き出すエレメントの法則:ケン・ロビンソン)

 才能を限定しない

 好きになる

 仲間がいる

 制約の輪から抜け出す

 メンターと出会う     メンター:認識する。激励する。支援する。伸ばす。

 年齢にとらわれない

   知能の特徴:多様性、力強く活動的、個人差が大きい

 

いじめも青少年の自殺も、学校教育における2次障害

「いじめはなくならない」という言われている中で、

  学校だけは「いじめゼロ」「いじめ撲滅」と叫んでいる。

  確かに、行き過ぎたいじめは決してあってはならない。

  いじめは学校だけにあるわけではない。

  家庭で、職場で、人が集まれば、2人のときでもいじめは起こる。

    それは笑いから始まる。

 

笑いには、3つあると(誰かが言っている?)

ウィット(人を刺す笑い)

コミカル(人を楽します笑い)

ユーモア(人を幸せにする笑い)

 ウィットは、人を刺す笑い。

 罰ゲームで笑ったり、自虐ネタで笑いをとったりなど

心の隙間に刺さりこみ、それを広げることで人からの笑いを誘う。

 その場の「笑い」を目的にしているから、後に残したくない「笑い」になる。

 だから、この「笑い」はやらされたり、過ぎると人は傷つき「いじめ」となる。

ウィットな「笑い」は、場を和ませたり盛り上げたり、人を話題の中心したり、

とても便利で有効なものでもある。

 そこで、苦い経験をすることで「いじめ」を自覚し、考えることができる。

 

「いじめ」をなくす為には、この苦い体験が必要になる。

 苦い経験をさせてはいけないと言ってがんじがらめにしてしまったら、人と交わるどころか話をするのも怖くなってしまう。嫌な思いをした、させてしまったという事に気づく。多くの気づきで、嫌な思いに対して強くなり、させないようになる。強くなり、気遣いができるようになる。人の成長にとって欠かせないことである。

 

「いじめ」が、なぜ2次障害なのか。

 それは学校での対応によるもの(学校が社会から追い詰めれている現状を理解しなければならないが)だからだ。学校での「いじめられた」、「嫌な思いをした」、「気に入らない」といった感情に対して否定的にとらえ、感情そのものの原因と解決に翻弄されている。目の前の事に気持ちが行き過ぎて、一つの事実を取り囲む全体を見失い、押し込める方向に流れていく。「いじめ」はいけない。口で言うのは簡単だし、いけないという事もわかっている。でも、起こる。「いけない」という禁止令だけが飛び交い、そこに流れる個人の感情と集団の意識を成長を見落としているからだ。

 

「青少年の自殺」が、なぜ2次障害なのか。

「未成年の自殺}でも触れたが、自殺の理由で一番多く選ばれているのが、「学校問題」だからである。 その中でも対人関係の理由よりも、入試や進路、学業不振が上位を占めている。子どもたちの可能性を引き出し、社会に送り出すはずの学校が命を絶つ理由になっているからだ。

schooledureflection.hatenadiary.jp

  

 

学校を批判しているのでなない。

 学校を取り巻く日本の教育環境、追い込まられているの学校で教育を受けている子どもたち、子どもたちの為にと心身を削って学校という現場に向かう教師。

 見落とされ世の中からこぼれちる人々がいること。

 日本の生活や経済の水準の右肩上がり成長の時代から成熟の時代に入ったこと。

 成熟には、成長とは違った指針や方法が必要なこと。

 子どもたちの「いじめ」や「自殺」を通して、自分事としてどうしたら状況を変えられるのか考えてほしい。子どもと関わることがない人にも考えてもらうことで、何かが始まる。関心が集まることで、変わり始めるから。