教育と福祉

教育と福祉を結ぶ

いじめも青少年の自殺も、学校教育における2次障害

「いじめはなくならない」という言われている中で、

  学校だけは「いじめゼロ」「いじめ撲滅」と叫んでいる。

  確かに、行き過ぎたいじめは決してあってはならない。

  いじめは学校だけにあるわけではない。

  家庭で、職場で、人が集まれば、2人のときでもいじめは起こる。

    それは笑いから始まる。

 

笑いには、3つあると(誰かが言っている?)

ウィット(人を刺す笑い)

コミカル(人を楽します笑い)

ユーモア(人を幸せにする笑い)

 ウィットは、人を刺す笑い。

 罰ゲームで笑ったり、自虐ネタで笑いをとったりなど

心の隙間に刺さりこみ、それを広げることで人からの笑いを誘う。

 その場の「笑い」を目的にしているから、後に残したくない「笑い」になる。

 だから、この「笑い」はやらされたり、過ぎると人は傷つき「いじめ」となる。

ウィットな「笑い」は、場を和ませたり盛り上げたり、人を話題の中心したり、

とても便利で有効なものでもある。

 そこで、苦い経験をすることで「いじめ」を自覚し、考えることができる。

 

「いじめ」をなくす為には、この苦い体験が必要になる。

 苦い経験をさせてはいけないと言ってがんじがらめにしてしまったら、人と交わるどころか話をするのも怖くなってしまう。嫌な思いをした、させてしまったという事に気づく。多くの気づきで、嫌な思いに対して強くなり、させないようになる。強くなり、気遣いができるようになる。人の成長にとって欠かせないことである。

 

「いじめ」が、なぜ2次障害なのか。

 それは学校での対応によるもの(学校が社会から追い詰めれている現状を理解しなければならないが)だからだ。学校での「いじめられた」、「嫌な思いをした」、「気に入らない」といった感情に対して否定的にとらえ、感情そのものの原因と解決に翻弄されている。目の前の事に気持ちが行き過ぎて、一つの事実を取り囲む全体を見失い、押し込める方向に流れていく。「いじめ」はいけない。口で言うのは簡単だし、いけないという事もわかっている。でも、起こる。「いけない」という禁止令だけが飛び交い、そこに流れる個人の感情と集団の意識を成長を見落としているからだ。

 

「青少年の自殺」が、なぜ2次障害なのか。

「未成年の自殺}でも触れたが、自殺の理由で一番多く選ばれているのが、「学校問題」だからである。 その中でも対人関係の理由よりも、入試や進路、学業不振が上位を占めている。子どもたちの可能性を引き出し、社会に送り出すはずの学校が命を絶つ理由になっているからだ。

schooledureflection.hatenadiary.jp

  

 

学校を批判しているのでなない。

 学校を取り巻く日本の教育環境、追い込まられているの学校で教育を受けている子どもたち、子どもたちの為にと心身を削って学校という現場に向かう教師。

 見落とされ世の中からこぼれちる人々がいること。

 日本の生活や経済の水準の右肩上がり成長の時代から成熟の時代に入ったこと。

 成熟には、成長とは違った指針や方法が必要なこと。

 子どもたちの「いじめ」や「自殺」を通して、自分事としてどうしたら状況を変えられるのか考えてほしい。子どもと関わることがない人にも考えてもらうことで、何かが始まる。関心が集まることで、変わり始めるから。

 

問題行動等生徒指導上の諸問題(文部科学省 平成28年度 速報値)

平成29年10月26日に速報値が出ました。

 目新しい所では、ここ数年の小学校での件数が増えています。昨年(平成28年)話題に出ていましたが、数が増えています。今後、注目を集めるところです。

 暴力行為と不登校の2つのデータを並べました。何かに共通なものを感じませんか。

平成14年度を見てください。増加あるいは横ばいの所、この年に下がっています。

この年に、学校現場で何が起きていたのでしょう。「ゆとり教育」完全実施です。

 平成20年度に暴力行為は増えています。不登校NPOなどのテコ入れを平成17年度から始めたにも関わらず増えています。平成17年にPISAショックがありました。

 ここ数年小学校では英語教育が来年(平成30年度から移行期間)に入ります。

 

英語教育が暴力に、ゆとり教育が暴力や不登校の緩和に、

「それは関係ないだろう」と話にもならないかもしれませんが、実際、数字と学校現場の動向はリンクしている。

 教師に主体性を委ね、学習内容の緩和を図った「ゆとり教育」は随分と批判され、(運悪く?)PIASショックに晒された。でも、この世代は芸能やスポーツなどの分野で活躍する人が多いとも言われています。

 学力偏重へ戻した平成20年度、英語教育の実施の目前の平成28・29年度に暴力行為が増加したのは偶然ではないと思います。教師に対するプレッシャーを、繊細な子どもたちは敏感に感じ取ってしまう。

 学校で、教室で何が起きているのか?

 未来のある子どもたちにとって、何が必要か?

 グローバル化に対応した英語力、旅行程度なら既にウエアブル翻訳機が出ています。

 商談や交渉を英語で?!今の日本でどれ程の人が、そこまでの英語力が必要なのか?

 

無用な知識の詰め込みや膨大な学習内容に押しつぶされ、

もがいている子どもたちからの警鐘ではないだろうか。

 

文部科学省 平成28年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」結果(速報値)

f:id:mathpsychology:20171104192611j:plain

 

f:id:mathpsychology:20171104195722j:plain

学校行かなくていいんだよ!

学校行かなくていいんだよ!(そんなにツラいなら)

これは、親しか言ってはいけないと思う。

 

学校に行けなくなった。教室に入れなくなった。という子どもが目の前にいる時

 

親から「ツラかったら、休んでいいんだよ」「少しだけ登校してもいいんだよ」  と

 学校と完全に切れないような方法を子どもと相談する。

 

でも、教育関係の立場の人が、言いうのはいけない。

 先生から「ツラかったら、休んでいいよ」【ツラかったら、来なくていいんだよ】

 とりようによっては、物凄いことになってます。

 

欠席することで不利益を被るのは、本人です。

  学習が遅れる。人間関係が切れる。

  長期欠席になれば学校で受けられるサービスを受けられない

 

学校に来れないほどツラいなら、

 「おうちの人と相談して、それともどこかに相談してみるかい」

 「先生に話してくれるかい」

  そのツラさをどこに誰かに話す。それを一緒に見つけてもらう。

 どうしたらいいのか、一緒に悩む。

 

不登校にもいろいろある。

 人間関係症徘徊中

 学校不信症自宅療養中

 友人関係不信症自宅療養中

 対人関係不全部屋から一歩も出ない症

 学業不振勉強無理で症

 休み過ぎて出にくい症

 そっとしておいて症

         

好きでそうなった分けではない、臨まずそうなってしまった。

身体的な疾患と同じ、心の疾患、心の病だよ

将来が、成績が、進学が、ものすごい重圧

高校生くらいの自死の1位は、学業不振ですよ

普通に学校生活を送っているそれで、丸儲け

明石家さんま先生の「生きているだけで丸儲け」と同じ

死んだらあかん、生きてるだけで丸儲けや

話が逸れました。

教師は「心配だ」「来てほしい」「待っている」

  親と同じくらい身近にいる大人として、どんな存在か

 

「勉強おくれるぞ」「来ないでどうする」

  親と同じくらい身近にいて、どう接するか

 

教師の思いは、どうでもいい! 

子供の受け取り方が一番大切になる。

 

長い人生、やり直しは十分できる

気持ちの持ちよう、考え方次第

嫌な奴が来た。なんでアイツが嫌いなんだろう。

どうしたら、この気持ち整理がつくのかな?

嫌なものはイヤ

ホリデーハンガー

 夏になると、英国では「ホリデーハンガー」という言葉が聞かれる。長期の休みに入り、給食がなくなると飢える子供が増えることから、こんな言葉使われるようになった。フードバンクでは、子ども用の夏期緊急食糧も配布される。1998年から2002年のスコットランドの調査で高級住宅地グラスコーと貧困区カルトンでの男性の平均寿命の差が28年(前者が82歳、後者が54歳)だったことが判明した。

2017年9月22日 朝日新聞 欧州季評 命の格差 広がる英国 ブレイディみかこ

 

 この記事で驚いたのは、こういった統計があることだ。日本では、子どもの貧困格差が問題視されてもそのデータが表に出てこない。子ども食堂もあちこちで出来ているが、全て民間、NPOによるものだ。子どもの居場所、みんなで食べる、親のつながり(親の孤立を防ぐ)善意や思いで作られている。学術研究などの注目を集め、もっと広く世間に認められ、充実したものになってほしい。

 イギリスのようにこれほどのデータがあるにも関わらず、抜本的な施策がでないのも悲しい。日本でも、脚光をあびてもの政策が講じられるとは限らなない。でも、光が当たれば動き出す。

障害児の学びの中に

障害児の学びの中で、その躓きは輝いている。

みんなが無意識に取り込んでいるそれがわからない。

安易に信じてしまう事もよくよく考えてみれば、本当のところはどうなんだろう?

そんなの簡単じゃない。そうです簡単です、あたなには。

簡単にはいかない人にとって、どうであるのか。

苦しいものになっているのか、面白いものになっているのか。

全く関心のないものなのか。

 

人付き合いの苦手な人。

その場、その時に、その瞬間

刻々と状況が変わる中で、どんな対応をしていくのか?

 

よくわからない、出来ない、その事を自覚することは尊いことだ。

 

教えてあげる、ではなく。

 

そうきたか、こうならどうだ。

 

という問答を障害児と繰り返し、そこに光を感じる事が出来たら

 

何かかが、わかるような気がする。

母子家庭教育?

母子家庭から、教師が学ぶもの

 

教師向けの学習会の講話。

家庭裁判所での離婚調停で、

母子家庭となった母親に何を望むか尋ねた時の答えです。

 

1つ目、腕のいい弁護士が欲しい。

 離婚調停です。父親の子どもの養育費を少しでも多く払ってもらいたい。

でも多くの父親は、一銭も払わない。払えない状態とも言える。

「貧困は選択肢を失う」でも載たが、貧困状態の家庭において

5千円、1万円の収入はとても大きい。

 

2つ目、職が欲しい。

 生活していかなければなりません。仕事は必要。

でも育児をしながらの仕事はかなりの厳しい。

両立が大変ということもあるが、

子供が病気などの緊急時に、一人で対応しなければならない。

頼れる誰かかがいればいいですが、母子家庭ということは母親と子供だけです。

*共稼ぎでも、夫がいてもワンオペ育児という問題もあります。

 

3つ目、これが凄かった。

教育関係者には結構辛口だった。

 

教師の(私たちを)見る目を何とかして欲しい。

 

母子家庭だから、という偏見や見下した目線、我慢が足りないといった先入観

好きで離婚するわけでははない。離婚しなければいけない理由がある。

 

別の話で、若い教師が非行に走る子どもの母親に

「お母さんがしっかり見てあげないといけない」と話した後に

「若い先生にはわからないよね」と

長距離トラックの運転手をしていたお母さんがこぼしていた。

社会背景や母親はこういうものといった勝手なイメージで語られても、

「3歳神話」に縛られて苦しんでいる母親、

子どもという素晴らしい宝を授かりながら、それが苦しみに見えてしまう。

育児ノイローゼ産後うつ

確かに子供を産むのは女性、でも育てるのは社会の責任。

未来の社会を担う子供達、これからの社会を支えるのだから

 

先生は、いじめや不登校の当事者ではない人ばかり。

どちらかというと、そこそこ裕福で、クラスでも明るく勉強も優秀な人が多い。

いじめられた軽々があったり、不登校だったり、生活に困っていたという人は少ない。

いたとしても言い出せないだろう。

いじめられている子供から見るとあちら側の人。

あれは、「いじりです」自分があちら側になったことなどないから言える言葉。

あれくらいで、楽しいそうだったじゃない。

「いじめの政治学」を本当に理解できるのは、こっち側にいたことのある人。

こっち側の立場を本当に理解しようとする心掛けている人。

 

貧困は選択肢を失うこと

 所得が真ん中の人の半分未満である「貧困状態」の家庭の子どもは(2013年の国民生活基礎調査時点では)約300万人いた。「報道では貧困状態が特に濃いケースが取り上げられので、より多くの子どもたちが置かれている相対的貧困の暮らしぶりが伝わらない」。一般家庭の可処分所得を家族3人の場合、月34万円と算出。相対的貧困ラインはその半分の17万円として、37歳の夫婦と中学生1年生の子どもの家族の生活費を考える。「17万円という額は、福祉の制度が使えるかどうかのギリギリのライン」と考えられる。幸重忠孝さんは「相対的貧困」を考える講座を「家計簿シミュレーション」を朝日新聞(2017年7月24日)で紹介している。

 家計簿シミュレーション

住居費(賃貸マンション、電化製品購入費も)、光熱費(電気、ガス、水道)、食費、衣服費(靴下、化粧品)、教育・進学貯金(公立中学校、制服、塾や習い事、部活の費用)、娯楽交際費(小遣いや旅行積立)、通信費(スマホ、固定電話、ネット代)、交通費(車を保持する時はローン返済分も)、医療・生命保険、貯金その他

 まず34万円で家計を考える。続いて17万円の家計に移ると「食費は最低限、必要。教育費を削るしかない」「車は持てない」「貯金は無理だ」と「○○はできない」というため息ばかりが漏れてくる。居住費を減らすために、家賃相場が低い地域や部屋数の少ない物件に引っ越すなど、減らせない項目を残し、あとは削るだけ。

 17万円になるとお金は残らず、5千円、1万円収入が増えることがとても大きい生活。暮らしに選択肢がなくなっていくのが貧困。交際費も減らさざるを得ない。子ども食堂も学習支援も、食料や勉強を与える場所というだけではなく、失われていく人付き合いや居場所を作る活動でもある。

 講師である幸重さんは、”貧困は「貧しい」と「困った」が合わさった言葉。「困った」は地域の助け合いで解消できる部分はある。でも「貧しい」は、制度を手厚くするなど行政が取り組むべき課題です。”と言葉を閉じている

 

貧困家庭への認識が広がること、

同世代の8割が高等教育を受け資格や収入につながっていて貧困は連鎖していくこと、

何より、「子どもを持つことがリスク」と感じてしまうこと。

一律無償化、貸与から給与型奨学金へ、政治的な大きな取り組みは時間がかかる。

今の自分にできることを、目の前の生徒たちの将来に真剣に向き合って見つけたい。